FC2ブログ

VAIO S15 NVMe換装

08 01, 2019
vaios15.jpg
会社の会議で利用する共有ノートをVaio S15に変更しました。S15はテンキーがついている2kgの大型ノートで、移動デスクトップという印象が強いマシンです。内部もSATAスロットとM.2スロットを備え、メモリ交換も容易です。最も安い構成の500G/HDDを購入して改造に着手します。空いてるM.2スロットにはPCIe3.0×NVMeSSDが接続可能です。まずACRONIS2019でイメージを外部HDDに吸い上げます。電源+F4でUSBメモリからACRONIS2019を起動します。ACRONIS2019はWindowsREで動くのでディスプレイなど、様々なドライバに対応できるようになりました。 その後、NVMeSSDを刺して復元します。起動部分でエラーが起こるので再度BIOSから起動部の修復を試みます。これでOK。今までSSDは高速だと思ってましたが、NVMeにすると体感レベルでソフトの起動が速くなります。ACRONIS2017では上手く行きませんでしたから、達成感のある嬉しい結果となりました。
s15-1.jpg
ACRONIS2019の起動用USBさえ作成してしまえば鬼に金棒。大抵のマシンでシステムイメージを保存出来ます。復元時に自動リサイズまでしてくれるので、大容量HDD→小さなSDDへの換装もOK。今までACRONISでシステム復元に失敗した事が無いくらい再現性が高いのでバックアップ手段としては超一流です。会社では、全マシンのシステムイメージをNASに保管してあります。システム管理者には心強い道具です。BCPの一環としても最高です。

VAIO S11 NVMe換装

07 11, 2019
vaio11.jpg
営業用のノートPCは、堅牢さを重視してLet's note R9を採用してました。さすがに処理が重くなり、Windows10化を機会に一新しました。HDMI端子、VGA端子、有線LAN端子がある事。タッチパネルとUSB-Cは必要無しという条件で絞りました。SX12が出るという話しがあったのでソニーストアを見ていたら、期間限定でS11ブラックエディションが大幅キャンペーン価格。まとめて購入して機種を統一しました。さっそくSSDの容量アップに着手します。ACRONIS2015は駄目でしたが、ACRONIS2017でイメージを取る事が出来ました。後はNVMeを換装して復元するだけです。慣れてしまえば分解しやすいマシンでした。これで営業の環境整備はひとまず完了です。

Windows10/アップグレード

06 23, 2019
win10.jpg
Windows10への無償アップグレード期間は、とうの昔に終わっていた筈なのに、まだツールが公開されていて、無償で出来ます。Windows7の正規ライセンス認証されたマシンなら、メーカー製でも自作マシンでも出来ました。Windows7と異なり、Windows10のデジタル認証は、マシン固有のハッシュ値を認証サーバーに登録する仕組みのようです。つまり、一度認証されたマシンは、OS無しで中古市場に出しても、Windows10をクリーンインストールすればプロダクトキー無しで認証されてしまうと言う事になります。と言う訳で、予備を含めて会社にある全マシンのデジタル認証を済ませました。結果から言うと、Windows10は実に快適です。SSDにも最適化されています。Windows7と親和性が高く、ほぼ全てのソフトが稼働しました。使い勝手もツールを利用すれば殆どWindows7と変わらなくなるので、社内のサポート要求はゼロでした。これで安心して2020年を迎えられます。

server/メンテ

04 25, 2019
server.jpg
誰もいない休日に、サーバーのメンテナンスが実施されます。システムの安定は整理整頓から始まります。車に例えると、まず最初に道路を整備して、その上で整備された車で運転を楽しみます。サーバーの保守は、道路を舗装する感覚です。次に個々のマシンを整備していきます。不安定なマシンは徹底して排除します。所々に穴がある道を、オイル交換しない車で走っていては、ドライブを楽しむどころか修理の嵐になります。整理=捨てる。整頓=引き出せる。そうやって日々何事も無く平和に業務が進む。インフラ整備というのは、まさに縁の下の力持ちなのです。

Lcamview/ネットワークカメラ

11 20, 2018
Lcamview2.jpg
IO-DATAのネットワークーカメラは1万円程度で無線LANに対応しています。
簡単に設置可能で、ネットワーク上のNASに録画データを保管出来ます。
運送便の様子など、離れた場所の観察する事で業務効率が大幅にUP。
無料ソフトのLcamviewで16台を一斉監視。大抵は事足りてしまいます。
無線LAN親機のCH設定など、インフラが安定していれば何の問題も無く
業務用カメラと同程度の信頼感で運用が可能でした。
カレンダー(記事検索)
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

◆最新記事◆ 全記事

記事閲覧案内
プロフィール

meibunsya

Author:meibunsya
人生は一度。少しディープな備忘録
好雪片片不落別處

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Counter