グランコンペ GC-162G

11 11, 2017
GC162G.jpg
グランコンペブレーキバーGC-162G。学生時代に背伸びして買った部品です。
とある理由で私の手元を離れてしまい、30年間ずっと心に引っかかってました。
代替え品のダイヤコンペDC-162。悪くないけど手に触れる度、苦い思い出が蘇ります。
先日、運良く新品を入手する事が出来ました。霧が晴れる思い。とっても嬉しいのです。
この歳になると、お金では買えない物や時間、空間の大切さをしみじみと感じます。
残された人生を、愛車ランドナーと共に走り続けられたら、それは幸せな事だと思ってます。
0 CommentsPosted in 趣味

ランドナー/ミキスト

10 14, 2017
ミキスト
20年前、自転車屋さんに譲って頂いた嫁さんのミキストが復活しました。
ドロップハンドルを怖がるのでフラットバーに変更して、アップライドにします。
変速機をインデックス仕様にする事で、カチンと綺麗にギアに入ります。
『ナニワ銀輪堂』中元さんとの出会いで、新たな自転車ライフが実現しました。
日焼けを嫌がる嫁さんを誘って琵琶湖までポタリング。一緒に遊べそうです。
0 CommentsPosted in 趣味

太陽光発電/増設ブームの終焉

09 15, 2017
過積載
劇的に安くなった太陽光パネルを増設して発電量を増やす事がブームになっていました。
グラフにある緑色部分を、契約当初に取り交わした髙い売電単価で売るのです。
太陽光発電事業者は「丸儲け」の状態。この儲け、一体誰が負担しているのでしょう。
再エネ賦課金で個人や企業の電気代が1~2割近く高くなってる事は良く知られてません。
このままほっておくと、再生エネルギー賦課金は上がり続け国民の負担は増す一方です。
8月31日省令改正で昔の売電単価を維持したまま、パネルを増設する事は禁止されました。
経産省も野放状態を把握出来なくなり、改正FIT法で全発電業者を一旦『みなし認定』に降格
再度、申請さす事で現状を整理をしているような有様です。太陽光ブームの終焉です。
太陽光やって1年半。考え抜かれた理不尽な電気料金の仕組みを少しは勉強出来ました
0 CommentsPosted in 趣味

横山隧道/Randonneur

06 18, 2017
yokoyama.jpg
風格漂う総煉瓦造りの馬蹄形隧道。県道244号線横山隧道です。
希代の「隧道アーティスト」、時の滋賀県庁土木技師、村田鶴の手になる逸品。
まさに廃墟の美学。自宅から20分も走ればこんな風景に巡り会えます。
もう二度と作れないでしょうね。大切に保管する価値があると思います。
0 CommentsPosted in 趣味

マイティコンペ/Sugino

05 19, 2017
SUGINO1.jpg
40年前乗っていたランドナー。全国あちこちを一緒に旅したスギノマイティコンペ。
匠の手によりレストアされました。今のようにみんなでガンガン走るスタイルではなく、
静かに峠を攻めるのが当たり前だった時代でした。時代が移り変わっても、愛着を
感じるマシンと共に、やっぱり一人で走り続けたいのです。レストアに感謝。
0 CommentsPosted in 趣味
カレンダー(記事検索)
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

◆最新記事◆ 全記事

記事閲覧案内
プロフィール

meibunsya

Author:meibunsya
人生は一度。少しディープな備忘録
好雪片片不落別處

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Counter