FC2ブログ

紙枚数カウンター/光学式

09 15, 2010
cc.jpg
機械式のカウンタは、大量に積み上げた紙を、指定枚数毎に分ける場合に利用します。
一方、100枚で仕分けられた紙が、本当に100枚あるかを検証したい場合が有ります。
そんな場合には、超高速光学式カウンターを利用します。確か50万円位だったと思います。
写真のように光の目が左右に走り、下から吹いたエアで裁かれた紙の陰影をカウントします。
非常に良くできた機械で、500枚を3秒程度で計数します。
カウントマスターは、枚数を数える事は出来ますが、指定枚数毎に区分けする仕事は出来ません。
時と場合に応じて、これらの装置を使い分けます。
0 CommentsPosted in 印刷
カレンダー(記事検索)
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

◆最新記事◆ 全記事

記事閲覧案内
プロフィール

meibunsya

Author:meibunsya
人生は一度。少しディープな備忘録
好雪片片不落別處

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Counter