Japanese Blues/宇崎竜童

04 26, 2015
ryudou1.jpg
2年ぶりの宇崎竜童。東京の仕事を早朝に前倒ししてキックバックで大阪に入りました。
今夜はギター1本のソロライブ。こんな間近でしみじみと語られると胸に迫るものがあります。
69歳でこんなにカッコいい生き方出来るんだなあ。その人柄に憧れます。
ああ、「自分が良ければ」・・セコさがはびこって憧れる男に出会えなくなってきたよなあ。
ふと、池波正太郎の『ダンディズム』を思い出し 久しぶりに目が覚める思いでした。
いつも、これが遺作のつもりで曲を書いてるって、これが最後かもしれんと思って
ライブしてるって・・・ほんま人生はいろいろやけど、一度きり、一度っきりやんなあ。
最後のハッシャバイ・シーガール。暫く動けないほど心に沁みました。心から感謝の夜。

人間の気持ちっていうものは、いくら自分で思っていても何かで表わさないといけないんだよ。
だから、煎じつめていけば、『男の財布』ってものはそのためにある。
池波正太郎



0 CommentsPosted in JAZZ
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー(記事検索)
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

◆最新記事◆ 全記事

記事閲覧案内
プロフィール

meibunsya

Author:meibunsya
人生は一度。少しディープな備忘録
好雪片片不落別處

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Counter